注目キーワード

SDGsへの取り組みについて

国連本部で開催された「国連持続可能な開発サミット」において採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」について、当社では2030年までに以下のような取り組みを予定しています。

4. 質の高い教育をみんなに


●Youtubeにおける無料教育コンテンツの作成

以下のターゲットについて深く考え、特に政治教育について中立公正の立場で学習を促進するべく、教育コンテンツを作成・公開します。

「4.4 2030年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、働きがいのある人間らしい仕事及び起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。」

「4.5 2030年までに、教育におけるジェンダー格差を無くし、障害者、先住民及び脆弱な立場にある子どもなど、脆弱層があらゆるレベルの教育や職業訓練に平等にアクセスできるようにする。」

「4.7 2030年までに、持続可能な開発のための教育及び持続可能なライフスタイル、人権、男女の平等、平和及び非暴力的文化の推進、グローバル・シチズンシップ、文化多様性と文化の持続可能な開発への貢献の理解の教育を通して、全ての学習者が、持続可能な開発を促進するために必要な知識及び技能を習得できるようにする。」

8. 働きがいも経済成長も


●自由度が極めて高い就労形態

以下のターゲットについて深く考え、在宅でも平等に働ける自由な就労形態を作ります。
「8.5 2030年までに、若者や障害者を含むすべての男性及び女性の、完全かつ生産的な雇用及び働きがいのある人間らしい仕事、ならびに同一労働同一賃金を達成する。」

12. つくる責任つかう責任


●ICT技術未導入企業への積極的アプローチ

以下のターゲットについて深く考え、ICT導入による食料廃棄量の半減に貢献します。
「12.3 2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食料の廃棄を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食料の損失を減少させる。」