Browse By

 

起業家は知っておくべきSDGs

     

SDGsとは(外務省公式HPより)


持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。


起業・創業と何か関係あるの?

こういった世界レベルの方向性の話をすると、でも創業時程度の小さな会社には必要ないでしょ、ってな話をよく聞きます。いやいや、そんなことはありません。ここで掲げる17のゴールを達成するため、「ジャパンSDGsアワード」が作られたり、SDGs関連の助成金が作られたりと日本でも様々な対策を行っています。これが大きな流れとなるため、この流れに沿うようなビジネスは世界でも今後注目されるべきビジネスとなるわけです(というより、沿ってないとダメっていう感じでしょうか)。自分のビジネスがどの領域に伸ばせるか、考えてみるのも手かもしれません。


各ゴールの詳細について

より詳細な情報は外務省のHPから取得して欲しいのですが、以下にざっくりと17のゴールを掲載します。

1(貧困) あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる。

2(飢餓) 飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する。

3(保健) あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する。

4(教育) すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する。

5(ジェンダー) ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う。

6(水・衛生) すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する。

7(エネルギー) すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する。

8(経済成長と雇用) 包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する。

9(インフラ、産業化、イノベーション) 強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る。

10(不平等) 各国内及び各国間の不平等を是正する。

11(持続可能な都市) 包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する。

12(持続可能な生産と消費) 持続可能な生産消費形態を確保する。

13(気候変動) 気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる。

14(海洋資源) 持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する。

15(陸上資源) 陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する。

16(平和) 持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する。

17(実施手段) 持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する。

日本だけの目標ではない

外務省のHPを見ても分かるように、この目標は決して日本だけが定めたものではありません。今の時代だからこそ、グローバルで通用する人材になるため、このような方針への理解は必要だと思います。